Re:cosme > 洗顔料

洗顔料のおすすめは?人気の洗顔料と肌質・悩みに合わせた選び方

洗顔料の選び方

肌質別のおすすめ洗顔料はこれ!洗顔料の選び方を伝授

どの洗顔料を使えばいいのかわからないという人のために、洗顔料の種類ごとの特徴や肌質・悩み別の洗顔料の選び方を解説!
コスメコンシェルジュおすすめの人気洗顔料も紹介します。

この記事を書いた人
平野 遥
コスメコンシェルジュ
平野 遥 (27)Re:cosme編集部
クレンジングにはこだわりがあります!化粧品選びは効果もコスパも妥協はしたくありません!
肌質:脂性肌
肌悩み:大人ニキビ・皮脂量が多い

洗顔料はどの種類がおすすめ?

洗顔料には一般的なペーストタイプ(洗顔フォーム)以外にもジェルタイプや泡タイプといった種類があり、種類によって洗浄力や肌への負担が異なります。

肌質に合っていない洗顔料を使用すると、汚れを落としきれず毛穴が詰まってしまったり、肌への負担が大きすぎて肌荒れを起こしてしまうなど、思わぬ肌トラブルに繋がることも。

自分の肌に合った洗顔料を選ぶために、まずは洗顔料の種類ごとの特徴をチェックしましょう。

種類 洗浄力 優しさ 特徴
4/5 4/5 泡タイプの洗顔料はキメ細かい泡で優しく汚れを吸着してくれると話題。
クリーム・ペースト 5/5 2/5 定番の洗顔フォームタイプは界面活性剤を多く含むため刺激を感じやすいが、洗浄力は高い。
ジェル 3/5 4/5 ジェルタイプの洗顔料はさっぱりした使用感で洗浄力も高め。
固形 5/5 3/5 固形石けんタイプは製造方法によって洗浄力や洗い上がりが異なるが、洗浄力が高いものが多い。
粒状・粉末 3/5 3/5 パウダータイプの洗顔料は、泡立てが難しいが毛穴やざらつきを整えるのに優れた洗顔料。

泡タイプの洗顔料

泡タイプの洗顔料はスプレー式の容器やポンプ式の容器に入っており、プッシュするだけで洗顔料が泡となって出てくるため、泡立てる手間がないのが最大の魅力。

商品によって泡のタイプは異なり、もっちりとした泡で擦らず洗顔できるのものや炭酸配合で汚れをすっきり落とすものなど、さまざまな種類があります。

泡タイプの洗顔料はきめ細かい泡で肌に優しい洗顔ができるため、敏感肌の人にもおすすめです。

おすすめ洗顔料 薬用アトピアD
容量 使用回数 価格
200ml 約1~2ヶ月分 1,800円(税抜)

薬用アトピアDは、アレルギー誘因成分を極力カット!無添加・弱酸性処方なので敏感肌の方でも安心して使用できるようになっています。

クリーム・ペーストタイプの洗顔料

一般的に洗顔フォームと呼ばれることの多いクリーム・ペーストタイプの洗顔料は、界面活性剤や油分、保湿成分の配合を調整しやすいため、商品によって洗浄力や肌への優しさが異なります

乾燥肌の人は油分多めのしっとりタイプ、オイリー肌の人は洗浄力高めのさっぱりタイプなど、自分の肌に合った洗顔フォームを選びましょう。

おすすめ洗顔料 SkinLife(スキンライフ)
容量 使用回数 価格
130g 約1~2ヶ月分 450円(税抜)

牛乳石鹸から発売されたスキンライフは、たっぷりクリーミーな泡でニキビのもと、余分な皮脂、毛穴の汚れをすっきり落として肌を清潔に保つオイルフリーのコスパの良い洗顔料です。

ジェルタイプの洗顔料

ジェルタイプの洗顔料は水分を多く配合し、泡立てて使用するものと泡立てずそのまま使用できるものにわかれます。
ジェルタイプの洗顔料の中でも泡立てず使用するものは、ジェルがクッションの役割をするため、肌を擦らず洗顔ができるのが特徴です。

さっぱりとした洗い上がりなのでオイリー肌の人におすすめですが、乾燥肌や敏感肌の人が使うとつっぱることも。

ジェルタイプの洗顔料は、よく洗い流さないとジェルならではのぬるぬる感が残ってしまうのが注意点です。

おすすめ洗顔料 ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル
容量 使用回数 価格
150g 約1~2ヶ月分 オープン価格

肌の負担を抑えた角栓クリア処方が、黒ずみの原因となる角栓を分解して落としてくれるので、毛穴の汚れが気になっている方におすすめ。

画像引用元:ビオレ公式サイト

固形タイプの洗顔料

固形タイプの洗顔料は製造方法によってタイプが2種類にわかれ、グリセリンなどの保湿成分が多く入った半透明タイプと、石けん成分が多い不透明タイプがあります。

半透明タイプの石けんは水分を多く含み、洗い上がりがしっとりしているため、乾燥肌の人におすすめですが、洗浄力がやや低いのでオイリー肌の人には不向きです。

不透明タイプの石けんは洗浄力が高く、余分な皮脂をさっぱり洗い流すことができるため、オイリー肌の人におすすめですが、乾燥肌や敏感肌の人はつっぱりやすいです。

おすすめ洗顔料 茶 洗顔石けん
容量 使用回数 価格
80g 約2ヶ月分 700円(税抜)

固形の石鹸でお馴染みの牛乳石鹸から発売された茶洗顔石けんは、濃厚な泡がくすみの元となる古い角質や皮脂汚れを優しく落としてくれます。10種の天然美肌成分を配合しているのもポイント!

粒状・粉末タイプの洗顔料

粉末タイプの洗顔料は水分を含まず、ジェルタイプやペーストタイプなどの水分を含む洗顔料には配合するのが難しい酵素などが配合されているものが多いです。

また粉末タイプの洗顔料は個包装になっている商品も多いため、保管が簡単で持ち運びにも便利なのが嬉しいポイント。

一方で泡立てにはコツが必要なので、粉末タイプの洗顔料はネットを使用して少しずつ水分を足しながら泡立てていくのがおすすめです。

おすすめ洗顔料 ビューティークリアパウダーウォッシュ
容量 使用回数 価格
0.4g×32個 約半月分 オープン価格

毛穴の黒ずみ汚れはもちろん、角栓やザラつき、古い角質を取り去る効果が期待できる酵素洗顔パウダーです。パウダータイプの洗顔料は水の配分を間違えると上手く泡立たないので注意が必要です。

画像引用元:suisai公式サイト

肌質に合わせた洗顔料の選び方

洗顔料を選ぶ際はただ洗浄力が高い・泡立ちが良い洗顔料を選べば良いわけではありません。

洗浄力の高い洗顔料は余分な皮脂まですっきり洗い流してくれる一方でつっぱりやすい、というように、洗顔料は種類ごとにそれぞれメリットとデメリットがあります。

肌トラブルを起こさないためにも、自分の肌に合わせた洗浄力の洗顔料を選びましょう。

肌質で選ぶおすすめ洗顔料の種類

肌質 おすすめ
敏感肌 ・泡タイプ
・洗浄力がマイルドな洗顔フォーム
乾燥肌 ・しっとりタイプの洗顔フォーム
・半透明タイプの石けん
混合肌 ・しっとりタイプの洗顔フォーム
・半透明タイプの石けん
オイリー肌 ・さっぱりタイプの洗顔フォーム
・ジェルタイプ
・不透明タイプの石けん

オイリー肌の人は洗い上がりがさっぱりした洗顔料や洗浄力の高い不透明石けんを使用することで、余分な皮脂も洗い流すことができます。

一方で乾燥肌の人は洗浄力が高すぎる洗顔料を使用すると肌がつっぱってしまったり、肌に必要な皮脂まで洗い流してさらに乾燥してしまうため、洗浄力よりも保湿力を重視するのがおすすめ。

混合肌の人は皮脂などの汚れをさっぱり洗い流せて保湿力も高い洗顔料を、敏感肌の人は優しい洗い上がりで肌に刺激が強い成分が含まれていない洗顔料を選びましょう。

洗顔料が肌に合っていないと感じたら、自分の肌質と使用している洗顔料を見直してみましょう。

これまで問題なく使えていた洗顔料が急に肌に合わなくなった時は、年齢やストレスなどが原因で肌質が変化している可能性があるので、まずは自分の肌の状態を確認しましょう。

悩みに合わせて効果がある洗顔料を選ぶ

古い角質や角栓は通常の洗顔だけでは落としきれないため、毛穴汚れや肌のくすみが気になるという人は、酵素洗顔や炭酸洗顔を使用したスペシャルケアを取り入れるのがおすすめです。

くすみケアにおすすめの洗顔料

肌のくすみを洗顔でケアするなら、くすみの原因である古い角質を洗い流すことができる洗顔料を選びましょう。

古い角質はタンパク質でできているので、タンパク質を分解するパパイン酵素やプロテアーゼ、ブロメラインを配合した酵素洗顔を使用するのがおすすめ。

また炭酸洗顔も古い角質や毛穴汚れを吸着して洗い流すことができるので、肌が明るくなめらかになります。

毛穴ケアにおすすめの洗顔料

洗顔で毛穴ケアを行う際は、毛穴の悩みに応じた洗顔料を選ぶことが重要です。

詰まり毛穴は皮脂や古い角質が角栓となって詰まるのが原因なので、くすみケアと同様にタンパク質を分解するパパイン酵素やプロテアーゼ、ブロメラインを配合した酵素洗顔がおすすめ。

皮脂の過剰分泌による開き毛穴には皮脂を分解する酵素であるリパーゼを含んだ酵素洗顔を選びましょう。

洗顔料に関する疑問Q&A

石けんと洗顔フォームはどっちがいいの?

洗顔フォームは界面活性剤が多く含まれるから石けんの方が良い、というイメージを持ちがちですが、石けんも界面活性剤の一種なので、どちらが良いということはありません。

石けんは洗浄力が高いため、オイリー肌でもさっぱりとした洗い上がりになりますが、敏感肌や乾燥肌には刺激が強いため向いていません。
敏感肌なら肌に優しいタイプの洗顔フォーム、乾燥肌には保湿剤を多く含んだしっとりタイプの洗顔フォーム、というように、自分の肌質に合うのがどのタイプの洗顔料なのかを考えて選ぶことが重要です。

クレンジングの後に洗顔もしないといけない?

クレンジングと洗顔では落とせる汚れの種類が異なり、クレンジングはメイクなどの油性の汚れを、洗顔はほこりや汗、古い角質を落とすものです。

またクレンジング後に洗顔をすることで、すすぎきれなかったクレンジング剤も洗い流すことができるため、クレンジングをした後は洗顔を行いましょう。

朝も洗顔料を使って顔を洗った方が良いの?

寝ている間にも皮脂は分泌されており、汗や寝具のほこり、ダニも肌に付着するため、朝の洗顔は必要です。

水洗顔だけでも汗やほこりは落ちますが、皮脂は落としきれないため、皮脂が気になる人は特に朝の洗顔でも洗顔料を使うのがおすすめ。

一方で乾燥肌の人が洗顔料を使用すると、肌に必要な皮脂も洗い流してしまい乾燥する事があるため、乾燥がひどい場合はぬるま湯で水洗顔を行いましょう。

関連記事一覧TOPICS
洗顔でうるおいをプラス!乾燥肌がマナラ モイストウォッシュゲルを試してみた
綾斗|33 views
もこもこ泡で古い角質の汚れによるくすみを一掃!ハリーヴィーナスのプラチナウォッシュを乾燥肌が体験
chocond|41 views
泥成分配合のハリーヴィーナス プラチナウォッシュを乾燥敏感肌の私が徹底レビュー
とんちゃん。|89 views
HITOHATAのイチゴポリフェノール配合ichi-pori練り生石鹸が話題!白イチゴに隠された驚きの美容効果とは?!
市道 舞子|68 views
ハリーヴィーナスの効果を体験!使い方と口コミを紹介!
後藤 佳奈|377 views

PICK UP

RANKING

ブライトエイジ(第一三共)の口コミは本当?ハリ・美白に効果あり!?
基礎化粧品
エリクシールシュペリエルの効果を体験!口コミが本当かを徹底検証!
基礎化粧品
HABA(ハーバー)スクワランの効果は?口コミで絶賛なので試してみた!
美容液
資生堂HAKUの口コミは本当?化粧水・美白美容液の効果を体験!
基礎化粧品
プリオールの口コミから効果や年齢層を調査!体験レビューも公開!
基礎化粧品
ノブ3トライアルセットの口コミ!購入してわかった本当の効果は?
基礎化粧品
資生堂リンクルクリームSのシワ改善効果を体験!口コミを検証してみた
アイクリーム
ヒフミドの口コミ評判は?トライアル体験後の本音レビューも公開!
基礎化粧品
エゴイプセアイロンセラムの口コミは?体験してわかった効果と使い方
アイクリーム
ファンケルアクネケアはニキビ跡には効果なし?体験して口コミを検証!
基礎化粧品
もっと見る

CATEGORY