Re:cosme > クレンジング

クレンジングのおすすめは?もう迷わないクレンジング選び

クレンジングの選び方

目的別のおすすめクレンジングはこれ!選び方を伝授

自分にはどんなクレンジングが合っているのかわからないという人のために、クレンジングの種類ごとの特徴や、肌質・メイク別のクレンジングの選び方を解説!

コスメコンシェルジュおすすめの人気クレンジングアイテムも紹介します。

この記事を書いた人
小谷 ゆか
コスメコンシェルジュ、薬事法管理者
小谷 ゆか (30)Re:cosme編集部
敏感肌なので肌に優しい化粧品を日々探しています!肌の状態をみてその日のスキンケアを変えています!
肌質:敏感肌
肌悩み:冬はお肌が乾燥気味

クレンジングはどの種類がおすすめ?

クレンジングは油分でメイクなどの落としにくい汚れを浮かせて落とすアイテムです。

クレンジングと一口で言っても様々な種類があり、油分と保湿成分(水分)、界面活性剤の配合バランスによってテクスチャや洗浄力、使用感が異なります。

種類 洗浄力 優しさ 特徴
オイル 5/5 3/5 油分・界面活性剤を多く含み、メイクとの馴染みが良いため洗浄力が高い。
クリーム 3/5 4/5 油分と水分がバランス良く配合されている。界面活性剤が少ないため、肌に優しく洗い流すのも簡単。
バーム 4/5 4/5 オイルのような洗浄力とクリームのような肌への優しさを併せ持つクレンジング。
ジェル 3/5 3/5 水性のジェルは肌に優しくさっぱりした使い心地。油性ジェルは洗浄力が高い。
ミルク 2/5 5/5 界面活性剤が少なく肌への刺激が弱いので、敏感肌、ニキビ肌の方におすすめ。
ウォーター 2/5 3/5 さらさらとした付け心地でべたつきが無く伸びは良い。 その分留まらないので擦ってしまうことも。
シート 5/5 2/5 時間が無いときでもサッと手軽に使えるが、拭き取る摩擦がお肌に刺激となる事がある。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは、たくさんの種類があるクレンジングの中でも一番洗浄力が高いものです。
ポイントメイクやウォータープルーフの日焼け止めもするっと落ちるので、バッチリメイクでもストレスなくメイク落としができるのがメリット。

一方で、クレンジングオイルには界面活性剤が多く含まれているため、肌への負担が大きいことが残念なポイントです。
皮脂を落としすぎてクレンジング後に突っ張る、肌がヒリヒリ感じるなどの肌トラブルが起こる可能性があるので、敏感肌の方にはおすすめできません。

アテニア スキンクリア クレンズオイル
容量 使用回数 価格
175ml 約1ヶ月分 初回1,570円(税込)

アテニア スキンクリア クレンズオイルはメイク汚れと一緒に古い角層も洗い流して、肌をなめらかに整えてくれる大人気クレンジング。

濡れた手でも使用でき、W洗顔も不要と使い勝手の良さもバツグンです。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームは、クリームの油分とメイク汚れが馴染むことにより起こる「転相」という現象を利用してメイクを落とすものです。
クレンジングクリームは界面活性剤の配合量がクレンジングオイルと比べて少ないため、しっとり感が残り、肌に優しいメイク落としができます

しかし、その反面クレンジングクリームは洗浄力がクレンジングオイルより劣るため、ポイントメイクなどは落とすのが難しいです。

トレフルクレンジングマッサージクリーム
容量 使用回数 価格
180g 約1ヶ月分 初回1,800円(税込)

トレフルクレンジングマッサージクリームは使用後の肌がしっとり潤うと評判のクレンジングクリーム。

クレンジングだけでなく、マッサージにも使用可能です。

画像引用元:トレフル公式サイト

クレンジングバーム

クレンジングバームはバターのような半固形状のクレンジングで、手のひらに取ると体温によりオイル状に柔らかくなり、溶けるようにメイクと馴染んでいきます。

洗浄力の高いクレンジングオイルと肌に優しいクレンジングクリームのメリットを併せ持つクレンジングバームは、クレンジングの中でも新しいアイテムで、口コミでも人気急上昇中です。

クレンジングバームは敏感肌だけどメイクをしっかり落としたい、という人におすすめですが、種類がまだまだ少なく、価格も高いのが残念なところ。

D.U.O.ザ クレンジングバーム
容量 使用回数 価格
90g 約1ヶ月分 定期初回1,980円(税込)

DUOザクレンジングバームはウォータープルーフもしっかり落とすのに、洗い上がりもしっとりすると人気のアイテム。

マツエクをしていても使用できるのがDUOザクレンジングバームの嬉しいポイントです。

クレンジングジェル

クレンジングジェルにはオイルフリー水性ジェル、オイルイン水性ジェル、油性ジェルの3種類があります。
このうち、水性ジェルは油分が入っていない、または少ないため洗浄力が低いものの、さっぱりとした洗い心地を感じられます。

油性ジェルは油分が多く界面活性剤との相乗効果により洗浄力が高い点が特徴です。水性ジェルはまつ毛エクステをしていて油分の多いクレンジングを避けたい人に、油性ジェルはバッチリメイクの人に向いています。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
容量 使用回数 価格
150g 約1ヶ月分 定期初回1,595円(税込)

リダーマラボモイストゲルクレンジングは42種類の美容成分でクレンジングしながら保湿もできるのが特徴。

こんにゃくスクラブ配合でクレンジングしながら毛穴汚れもキレイに落とします。

クレンジングウォーター

クレンジングウォーターはクレンジングミルクと同様に界面活性剤の配合量が少ないクレンジングです。
クレンジングウォーターはコットンに含ませて拭き取ることでメイクを落とすことができるので、メイクを落とすのが面倒な時にも素早くクレンジングができます

クレンジングウォーターの成分自体は肌に優しいのですが、この「拭き取り」による摩擦で肌への負担がかかるため、使う時は多めに取ってできるだけ摩擦を少なくするよう心がけましょう。

ビオデルマ サンシビオH20
容量 使用回数 価格
250mL 約2ヶ月分 2,530円(税込)

ビオデルマサンシビオH20は洗い流し不要の拭き取り式クレンジングウォーター。

クレンジングが面倒な時でも、コットンでメイクを拭き取るだけでOKなので手軽なところが人気です。

クレンジングシート

クレンジングシートは、クレンジング料が含まれたシートでメイクをふき取るタイプのクレンジングアイテムです。
シートを取り出してメイクを拭き取ることで素早くメイク落としができるので、その便利さから人気を集めています。

しかし、シートの摩擦による物理的な刺激が大きいため、毎日の使用には向きません。お泊まりの時やメイク落としが面倒な時など、ここぞという時だけ使用するのがおすすめ。

ビフェスタ うる落ち水クレンジングシート
容量 使用回数 価格
46枚 約1ヶ月分 605円(税込)※編集部調べ

ビフェスタうる落ち水クレンジングシートはクレンジング剤をたっぷり含んだ大判シートで1枚だけでも十分メイクを落とせると評判。

3種類のラインナップで自分の肌に合わせたクレンジングができます。

ポイントメイクリムーバー

ポイントメイクリムーバーは、アイライナーやマスカラなど、ポイントメイクを落とす際に欠かせないクレンジングです。
ポイントメイクリムーバーは洗浄力が高い分、ポイントメイクもスルッと落とすことができます。

ポイントメイクリムーバーでポイントメイクを落とし、それ以外のメイクは肌質に合わせたクレンジングを使用する、というように他のクレンジングアイテムと組み合わせて使用しましょう。

ビフェスタ ポイントメイクリムーバー
容量 使用回数 価格
145ml - 918円(税込)

ビフェスタポイントメイクリムーバーは刺激が少ないのにウォータープルーフのマスカラもするっと落とせるアイメイクリムーバー。

クレンジング力が優秀なのに価格も1000円以下とコスパも文句ナシです。

メイクや肌質に合わせたクレンジングの選び方

人によって肌質や普段のメイクは異なるため、適切なクレンジングの種類も違います。

合わないクレンジングを続けると、肌トラブルにも繋がってしまうので、自分に合ったクレンジングアイテムを選ぶために、メイクや肌質に合わせたクレンジングの種類の選び方を知っておきましょう。

メイクの仕方で選ぶおすすめのクレンジングの種類

濃いメイクを落とす際は、洗浄力の高いクレンジングを使用しないと、肌にメイクが残り肌荒れや毛穴詰まりなどの原因になってしまいます。

一方でナチュラルメイクに対しては、洗浄力の高いクレンジングを使用すると肌に余計な刺激を与えてしまうので、メイクの濃さに合ったクレンジングを選びましょう。

メイクの仕方別のおすすめクレンジング
メイク アイテム例 おすすめ
ナチュラル
(薄づき)
ファンデ・下地・リップ・アイブロウ ミルク
ジェル
クリーム
ナチュラル
+アイメイク
ファンデ・下地・リップ・アイブロウ
マスカラ・アイライナー
クリーム
ジェル
バーム
バッチリメイク
※ウォータープルーフ含む
ファンデ(リキッド+パウダー)
リップ・アイブロウ
WPマスカラ・アイライナー
WP日焼け止め
オイル
バーム
クリーム

肌質に合わせて選ぶおすすめのクレンジングの種類

乾燥肌に界面活性剤が多く含まれるクレンジングを使用すると、肌に必要な皮脂も洗い流してしまい乾燥の悪化につながるなど、肌質に合っていないクレンジングの使用も思わぬ肌トラブルを引き起こします。

自分に合ったクレンジングを選ぶためには、自分の肌質を踏まえてクレンジング選びをすることも大切です。

肌質別のおすすめクレンジング

敏感肌だけどメイクはバッチリしたいという時には、アイメイクをポイントメイクリムーバーで落とし、それ以外を肌質に合わせてクリームやミルクで落とすと肌に優しいクレンジングができます。

肌質は出産・生理やストレス、年齢など様々な原因により変化するため、昔から使っているクレンジングでも急に合わなくなって、かゆみや肌荒れなどの肌トラブルが出てくることもあります。

使っているクレンジングが自分の肌に合わなくなったと感じたら、自分の肌質を再確認することも必要です。

おすすめクレンジングを見る

プラスアルファの効果があるクレンジングって?

クレンジングの中にはメイクを落とすだけでなく、毛穴ケアや肌のくすみ改善などプラスアルファの効果を期待できるものもあります。

肌の悩みがあるなら、日頃のスキンケアだけでなくクレンジングも悩みに合わせたものにすることで悩みを早く改善することに繋がります。

毛穴ケアができるクレンジング

毛穴ケアができるクレンジングにはホットクレンジングやスクラブ配合クレンジング、炭酸配合クレンジングがありますが、それぞれ毛穴をケアする仕組みや肌への刺激が異なるので、自分に合ったものを選びましょう。

ホットクレンジング

ホットクレンジングは温感・温熱効果のあるクレンジングです。クレンジング剤が温かくなることで毛穴が開き、毛穴の汚れが落ちやすくなります。

また、ホットクレンジングは温感によりリラックス効果も期待できます。

スクラブクレンジング

クレンジングに配合されているスクラブが物理的に毛穴汚れをかき出す効果が期待できます。こんにゃくなどの柔らかいスクラブが配合されているクレンジングが多く、プニプニとした肌触りが心地良いです。

スクラブの摩擦により肌に負担がかかるため、敏感肌の方にはおすすめできません。

炭酸配合クレンジング

クレンジングに炭酸水素ナトリウムを配合し、発泡する際に毛穴の汚れもメイク汚れといっしょに浮き上がらせて一気に落とすという効果が期待できます。

毛穴ケアだけではなく炭酸により肌の血行促進も期待できますが、こちらも肌への刺激となるので敏感肌の方にはおすすめできません。

肌のくすみ改善が期待できるクレンジング

肌のくすみを改善したいなら、マッサージクレンジングがおすすめ。

マッサージクレンジングとは、クレンジングをメイクと馴染ませる際にマッサージをすることで肌のくすみ改善が期待できるものです。

しかし、クレンジングには界面活性剤が入っているため、クレンジング剤が肌に触れている状態で長い時間マッサージをすると肌への負担が大きくなることに注意が必要です。

マッサージクレンジングについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

クレンジングに関する疑問Q&A

クレンジングに含まれる界面活性剤って何?

界面活性剤は、本来なら混ざり合うことのない「水」と「油」をつなぎ合わせる成分で、クレンジングに配合される界面活性剤にはベースとなる水分と油分を混ぜ合わせる役割や、メイクの油分を落とす役割があります。

界面活性剤は肌に悪いというイメージがありますが、化粧品を作る上で欠かせないものなので、配合量をチェックして正しく付き合っていけば問題ありません。

まつ毛エクステ中のクレンジングはどうしたらいい?

まつ毛エクステの接着剤は油分に弱いので、まつ毛エクステ中はオイルフリーのクレンジングを選ぶ必要があります。

まつ毛エクステに使われる接着剤の中で最もポピュラーなのが「シアノアクリレート系」の接着剤。
まつ毛エクステOKと記載のあるクレンジングのほとんどがこの接着剤に対応しているので、記載されているものを購入するのも一つの方法です。

日焼け止めだけでもクレンジングは必要?

日焼け止めはお湯のみで落とせるものもありますが、中には専用のリムーバーが必要なものもあるため、使用する日焼け止めに合わせた方法で落とすことが大切です。

ウォータープルーフタイプ クレンジングオイル or 日焼け止め専用リムーバー
石鹸・ぬるま湯で落とせるタイプ 普段使いの洗顔料・ぬるま湯
専用リムーバーが必要なタイプ 専用の日焼け止めリムーバー

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、肌との密着度が高くお湯や洗顔料だけでは落としづらいため、クレンジングオイルを使用して落とすのがおすすめです。

ノーメイクでもクレンジングを使った方がいい?

ファンデーション・BBクリーム・CCクリームなどをはじめとするメイクをしていない場合は、洗顔のみで十分汚れは落ちるのでクレンジングを使わなくても大丈夫です。

クレンジングの使い方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
関連記事一覧TOPICS
THREEのオイルジェルクレンジングの口コミや成分は?洗浄効果も体験
小谷 ゆか|599 views
SUQQUのポアクレンジングセラムの口コミや成分は?効果や使い方も解説
Tags:
小谷 ゆか|975 views
デリズムのクレンジングウォーターの口コミ・効果・成分・使い方を紹介!
北口 慈子|741 views
エスティーローダークレンジングバームの効果や口コミ・成分を解説!
原田 裕美|585 views
MACのクレンズオフオイルの効果を乾燥肌が体験レビュー!
小林 陽子|595 views
雪肌精のクレンジングクリームの効果を体感!成分・口コミ・使い方も紹介
卯月 ちよこ|625 views
MACのクレンズオフオイルの使い方や成分を解説!口コミでの評判は?
小谷 ゆか|967 views
ドルックスのクレンジングクリームの使い方や口コミは?成分と効果もレポ
橘 茉莉花|1075 views
アルファピニのクレンジングの効果は?口コミ評判や成分解説も紹介
綾斗|685 views
アクセーヌのクレンジングオイルの口コミは本当?効果・成分を徹底レポ!
溝辺 みゆ|921 views
フィトチューンソフニングクレンズの効果的な使い方!口コミ&成分も調査
笹野 かず|804 views
イグニスのクレンジングクリームの口コミや効果・成分・使い方をご紹介
藍沢 美香|1156 views
ミルキュアピュアのクレンジングクリームの効果は?成分や口コミも検証
橘 茉莉花|537 views
乾燥肌のための美容液メイク落としオイルを体験!効果や成分、口コミは?
朝日 まちこ|878 views
乾燥肌のための美容液メイク落としクリームの成分や効果は?口コミも調査
橘 茉莉花|614 views
ディオールのポイントメイクリムーバーの口コミを調査!使用感やメイク落ちを体験
平野 遥|703 views
シトラナのシカプロテクトクレンジングバームの口コミと成分を調査!
綾斗|1383 views
アルジェランのクレンジングオイルの効果・成分・口コミ・使い方を紹介
卯月 ちよこ|2158 views
ルルルンクレンジングウォーターの口コミ・効果・成分を徹底解説!
北口 慈子|1841 views
ルルルンクレンジングシートの口コミ・効果・成分を乾燥混合肌が紹介
皆川 みほ|1601 views
1 2 3 4 11

PICK UP

  • HABAスクワランのバナー
  • サントリービトアスのバナー

RANKING

DUOクレンジングバーム5種類の違いを比較!口コミで人気のタイプを紹介
クレンジング
パーフェクトワンの口コミを全種類比較!自分に合った効果があるのはどれ?
オールインワンジェル
アテニアのクレンジングオイルの口コミや毛穴への効果は?使い方も紹介
クレンジング
ルジョーニードルセラムの効果を体験!成分・口コミ・使い方も解説
美容液
アテニアのドレススノーの口コミは?効果・成分・使い方を解説!
基礎化粧品
ルルルンフェイスマスクの効果は口コミどおり?実態を調査!
フェイスパック
サントリービトアスの口コミや効果を紹介!成分やおすすめの使い方も解説
オールインワンジェル
アヤナスのリンクルO/Lコンセントレートの口コミと体験!シワへの効果は?
美容液
オルビスミスターの口コミや効果を調査!使い方や成分も紹介
メンズスキンケア
HABA(ハーバー)スクワランの効果は?口コミで絶賛なので試してみた!
美容液
もっと見る

CATEGORY