Re:cosme > 基礎化粧品 > オルビスユーvsエリクシール!エイジングケアの効果を徹底比較

オルビスユーvsエリクシール!エイジングケアの効果を徹底比較

オルビスユーとエリクシールを比較!エイジングケア効果があるのはどっち?

肌のエイジングケア(※)でも人気の高いオルビスユーと資生堂のエリクシールシュペリエル。
どちらも同じようなキャッチコピーで結局のところ何が違うのか…と迷っている方のために、オルビスユーとエリクシールシュペリエルの効果や使用感、コスパを徹底的に比較検証しました。

※エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのこと

この記事を書いた人
後藤 佳奈
化粧品検定1級
後藤 佳奈 (27)Re:cosme編集部
乾燥肌が気になるのでとにかく保湿重視です!デコルテまでを顔としてたっぷり保湿しています!
肌質:乾燥肌
肌悩み:最近シミが気になるようになってきました

オルビスユーとエリクシールシュペリエルの特徴を比較

オルビスユーとエリクシールシュペリエル、どちらもエイジングケアに特化した基礎化粧品ですが、目的や成分が異なるので効果が変わってきます。
そこで、オルビスユーとエリクシールシュペリエルの特徴をまとめました。

オルビス オルビスユー

オルビスユーは「インナー保湿活性エイジングケア」で肌の角層へ浸透し、みずみずしい肌へと導いてくれます。肌の角層細胞にアプローチをし、鍛えることで外部の環境に左右されない肌をつくるというコンセプトの基礎化粧品です。
見た目年齢は「頬」が左右するというポーラ研究所の結果から「頬」に着目した保湿スキンケアが特徴で、お肌の内側からハリと透明感を実感することが期待できます。

オルビスユーの注目成分
  1. キーポリンブースター配合
  2. 肌細胞に水の通り道を作り、肌にうるおいとハリを与えるアマモエキス、モモ葉エキス、ヤグルマギク花エキスの3つ保湿成分で構成されています。

  3. 無香料、無着色、アルコールフリー
  4. 肌刺激になる成分を無添加にしている。

資生堂 エリクシールシュペリエル

エリクシールシュペリエルは「頬」の高い位置にみずみずしい「つや玉」をつくるというコンセプトの基礎化粧品です。肌の弾力の元であるコラーゲンは年齢とともに生産量は減ってしまいますが、コラーゲンの減少を予防し肌のターンオーバーを正常に整えてくれます。
資生堂が30年研究を進めたコラーゲンでハリのあるみずみずしい肌をつくりあげることが期待できます。

エリクシールシュペリエルの注目成分
  1. m-トラネキサム酸配合
  2. メラニンを抑制する美白成分ので、うるおい、安全性が高く保湿効果も期待できます。

  3. イノシトール、マンダリンオレンジCP、コラーゲンGL配合
  4. 明るさと弾力、ハリのある肌へと導いてくれます。

オルビスユーとエリクシールの使い心地を比較

実際にオルビスユーとエリクシールのラインを使って感じた使い心地の良し悪し、体感について比較しました。

オルビスユー・エリクシールの化粧水を比較!

オルビスユー ローション

オルビスユーローションは、とろみがほとんど無くかなりみずみずしい化粧水です。無香料で、限りなく無臭に近いので香りの好き嫌いがある人や、仕事柄強い香りのする化粧品をつけられない人に◎です!

ベタつきが全く無いので、夏でもサッパリしてお風呂上がりも爽やかに肌が潤う感覚があります。

エリクシールシュペリエル リフトモイストローション

エリクシールリフトモイストローションは、オルビスユーローションと比較するとややとろみのある化粧水です。今回使ったのがTⅡ(しっとりタイプ)です。化粧水をつけたあとは多少のベタつき感がありますが、しっとり感はオルビスよりも高いです。

香りはフローラルで華やかです。香りの強さの感じ方は個人差がありますが、そこまで強い香りではありません。

オルビスユー・エリクシールの保湿液・乳液を比較!

オルビスユー モイスチャー

オルビスユーモイスチャーは、水分が多めのみずみずしいジェル状の保湿液です。ジェルなので伸びは軽く、肌につけた時に感じるヒンヤリ感も気持ち良いです。

塗ったあとのしばらくややベタつきが残るのが気になりますが、その分しっとり感は高いです。手のひらでハンドプレスをすると、手に吸い付くようなもちもち感があります。

エリクシールシュペリエル リフトモイストエマルジョン

エリクシールリフトモイストエマルジョンは、乳液のためかなり軽い付け心地です。香りは化粧水と同じですが、香りの強さがより抑えられている印象があります。

付けた感じも軽いので、乾燥が気になるときや目元・口元などに重ねつけしても重たくなりません。

エリクシール商品の使い心地は、こちらの体験記事に詳細があります。

コスパがいいのはどっち?オルビスユーvsエリクシール

継続していくにはコスパも重要なため、オルビスユーとエリクシールの本製品と詰め替え用の価格を比較しました。

オルビスユー エリクシール
化粧水 2,970円(180mL) 3,300円(170mL)
化粧水(詰替) 2,750円(180mL) 2,860円(150mL)
保湿液/乳液 3,300円(50g) 3,850円(130mL)
保湿液/乳液(詰替) 2,970円(50g) 3,190円(110mL)
洗顔 1,980円(120g) 2,420円(145g)
洗顔(詰替)

本製品価格・リピート向けの詰替え価格で比較してみると、オルビスユーのほうが1割近く安くなっています。
エリクシールの各アイテムの使用回数は約1か月、オルビスユー商品の各アイテムの使用回数は約2~3ヶ月なので、コスパを重視される方にはオルビスユーがおすすめです。

オルビスユーとエリクシールのおすすめの肌質を比較!

オルビスユーとエリクシールは、それぞれどの肌質におすすめできるのかまとめました。

オルビスユー エリクシール
普通肌
乾燥肌
敏感肌
アトピー肌
オイリー肌
ニキビ肌
混合肌

オルビスユーは、無油分(オイルカット)のため毛穴に油分が詰まりやすいオイリー肌やニキビができやすい肌の方でも比較的安心して使える成分となっています。
また、アルコールフリーなのでアルコールに敏感な人にも安心です。

それとは逆にエリクシールはアレルギーテスト済みではありますが、オイルやアルコールなどを含むためお肌が敏感な方には向いていません。

効果的なエイジングケアは?オルビスユーvsエリクシール

オルビスユーとエリクシール、自分に効果的なエイジングケアはどちらなのか、メリット・デメリットで紹介します。

オルビスユーのメリットとデメリット
オルビスユーのメリット
  • モチモチ感がアップしツヤ肌になる
  • アルコールフリーで低刺激
  • 保湿力に特化している
  • オイルカットだから脂性肌にもおすすめ
  • 香りがほとんどないので好みを選ばない
オルビスユーのデメリット
  • 香りがないので華やかさに欠ける
  • 美白成分が入っていない
エリクシールシュペリエルのメリットとデメリット
エリクシールシュペリエルのメリット
  • さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3タイプから選べる
  • もちもち感があるツヤ肌になる
  • アクアフローラルの香りに癒される
  • 美白成分トラネキサム酸によりシミ対策ができる
  • トラネキサム酸の抗炎症作用で肌荒れを抑える
エリクシールシュペリエルのデメリット
  • アクアフローラルの香りが少し強め
  • アルコール配合で刺激を感じる場合がある

それぞれ特徴がありますが、オイルフリーで肌に優しく保湿をしたい方はオルビスユー、肌のハリだけではなく美白ケアも重視したい方はエリクシールというイメージです。

どちらも認知度も高く人気のエイジングケアライン
パッと見はどれも同じように感じる化粧品も成分や使い心地をしっかり比較していくと、違いがわかります。
一番はあなたのお肌に合うかどうかです。サンプルやトライアルセットでまずは試してみるのも良いです。肌が良くなっていく期待感がもてた時に、初めてリピートをするのが良いでしょう。
関連記事一覧TOPICS
プリオールの口コミから効果や年齢層を調査!体験レビューも公開!
後藤 佳奈|20704 views
資生堂HAKUの口コミは本当?化粧水・美白美容液の効果を体験!
後藤 佳奈|21039 views
 

PICK UP

RANKING

POLAリンクルショットの効果を口コミから調査!シワに効くって本当?
アイクリーム
DUOクレンジングバームの口コミは本当?効果と使い方を体験してみた!
クレンジング
ブライトエイジ(第一三共)の口コミ!ハリ・美白効果を実際に体験した!
基礎化粧品
ヒフミドの口コミ評判は?トライアル体験後の本音レビューも公開!
基礎化粧品
HABA(ハーバー)スクワランの効果は?口コミで絶賛なので試してみた!
美容液
資生堂リンクルクリームの口コミは?リンクルショットとシワ改善効果を比較!
アイクリーム
エゴイプセアイロンセラムの口コミは?体験してわかった効果と使い方
アイクリーム
エリクシールシュペリエルの効果を体験!口コミが本当かを徹底検証!
基礎化粧品
プリオールの口コミから効果や年齢層を調査!体験レビューも公開!
基礎化粧品
ノブ3トライアルセットの口コミ!購入してわかった本当の効果は?
基礎化粧品
もっと見る

CATEGORY