Re:cosme > 基礎化粧品 > ブースター・導入液の効果は?化粧水・オイル・美容液のおすすめを紹介

ブースター・導入液の効果は?化粧水・オイル・美容液のおすすめを紹介

ブースター・導入液のおすすめ商品は?効果や選び方を紹介

ブースター・導入液とは?おすすめ商品や選び方を紹介します

ブースター・導入液は毎日使うスキンケアの前に使用することで、保湿成分を角層まで浸透するようサポートしてくれるアイテムです。
この記事ではブースター・導入液の役割や選び方、おすすすめ商品を紹介します。使う順番が分からないという人に使い方も解説!

※この記事での浸透とは角質層までのことを指します
この記事を書いた人
後藤 佳奈
化粧品検定1級
後藤 佳奈 (28)Re:cosme編集部
乾燥肌が気になるのでとにかく保湿重視です!デコルテまでを顔としてたっぷり保湿しています!
肌質:乾燥肌
肌悩み:最近シミが気になるようになってきました

ブースターとして使える導入化粧水・美容液の効果を解説

化粧水の前につけるブースターは、必ず必要なものというわけではありませんが、乾燥などが気になる際にプラスアルファで使うスキンケアアイテムです。
洗顔後に化粧水や乳液、美容液など普段行っているスキンケアの前にブースターを使用することで肌がやわらかくなるため、スキンケアの浸透をよくしてくれる効果に期待できます。

乾燥などにより肌表面が硬くなり、化粧水などのスキンケアが浸透しにくくなってしまうと、スキンケアの効果を感じづらくなってしまいます。そんなときに浸透をサポートするブースターの使用をおすすめします。

ブースターはこんな人におすすめ!
  • 肌が乾燥する
  • 年齢を重ねて肌がごわつく
  • 化粧のノリが悪い
  • スキンケアの効果を感じにくくなっている

ブースターの種類

ブースターは大きくわけると化粧水タイプ、オイルタイプ、美容液タイプがあります。

種類 特徴
化粧水タイプ 化粧水タイプには余分な皮脂や古い角質を除去するふき取りタイプや、手軽に保湿できるミストタイプも含まれます。
美容液タイプ 美容液タイプはブースターセラムとも呼ばれ、化粧水よりもとろみのあるテクスチャーです。
オイルタイプ オイルタイプはブースターオイルとも呼ばれ、親水性の高いオイルで化粧水の浸透を促してくれます。

ブースター化粧水・導入美容液のおすすめの選び方や注意点

一口にブースターといっても、それぞれ肌へのアプローチは異なります。保湿成分によって肌表面を柔らかくするもの、古い角質や皮脂を取り除くものなど、種類があるので自分の肌質や目的に合ったものを選びましょう。

角質を取り除くものか、うるおいを与えるものかで選ぶ

古い角質や肌のざらつきをなくしたい人は、古い角質や余分な皮脂を取り除いてなめらかな肌に導くふき取りタイプのものを選びましょう。

肌の乾燥が気になる人、保湿力・浸透力を高めたい人、エイジングケアをしたい30・40代には、うるおいを与え肌表面を柔らかくしてスキンケアの浸透をサポートしてくれるものがおすすめです。

肌質にあわせて選ぶ

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌・敏感肌の方は、オイルを含む導入美容液がおすすめです。肌に適度な油分を加えることによって肌がしっとりやわらかくなり、乾燥などの外的刺激から肌を守ってくれます。

脂性肌

脂性肌の方はローションタイプでパシャパシャと使える軽いテクスチャーの導入美容液がおすすめです。ニキビができやすい方はふき取りタイプやピーリングタイプなどで余分な皮脂や古い角質を除去することで、肌がなめらかになります。

混合肌

混合肌はインナードライによって部分的に皮脂が多くなっている可能性があるため、保湿重視の美容液タイプがおすすめです。ただし、脂っぽいTゾーンはニキビができやすいため、オイルタイプを使用する場合はさらっとした軽めのテクスチャーのものにしましょう。

普通肌

普通肌の方でも季節によって肌状態が変わるため、夏はローションタイプ、冬はオイルタイプなど肌状態に合わせて導入美容液を選びましょう。

成分で選ぶ

化粧水・美容液タイプ

セラミドや浸透型コラーゲン、植物エキスなどの保湿成分が含まれているものがおすすめ。
また、「ナノ」や「ミクロ」などを謳っている粒子の細かい美容成分を配合しているものはより肌に浸透しやすいでしょう。

オイルタイプ

ツバキオイルやアルガンオイル、馬油などの油脂は、肌に浸透しやすいのでブースターの成分としておすすめ。
一方でワセリンやミツロウ、豚脂などは疎水性があるため、化粧水がなじみにくくブースターとしては不向きです。

ブースター・導入液のおすすめをタイプ別に紹介!

Re:cosme編集部が選んだおすすめのブースター・導入液を化粧水タイプと美容液タイプでわけて紹介します。

ブースター(化粧水タイプ)のおすすめ6選

無印の人気アイテム!
無印良品 導入化粧液
無印良品 導入化粧液
価格 容量
390円(税込) 50ml
1,290円(税込) 200ml
2,290円(税込) 400ml

無印良品の導入化粧液は、ツバキ種子エキスなど5種類の植物エキスとアンズ果汁を保湿成分として配合。
化粧水の前に使用し、保湿成分が浸透しやすい肌に整えてくれる導入化粧水です。

無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリーの低刺激設計なので肌負担が少ないのも魅力です。

また、プチプラで大容量サイズもあるので惜しみなくたっぷり使えるので、乾燥が気になる方におすすめです。

画像引用元:無印良品公式サイト
80年もの歴史を持つ老舗アイテム!
ナリスアップ ネイチャーコンク 薬用クリアローション
ナリスアップ ネイチャーコンク 薬用クリアローション
価格 容量
935円(税込) 200ml

ネイチャーコンクの薬用ローションは、美白有効成分のプラセンタエキスやニキビ有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムのほか、植物性うるおい成分を10種類も配合しています。

皮脂が多くニキビができやすい方におすすめのふき取り化粧水です。

さらに、アルコールや鉱物油、香料、タール系色素が配合されておらず、低刺激なスキンケアが可能です。

アミノ酸に着目した独自処方
ミノン アミノモイスト アミノフルシャワー
ミノン アミノモイスト アミノフルシャワー
価格※編集部調べ 容量
800円(税抜) 50g
1,900円(税抜) 150g

ミノンアミノモイストのアミノフルシャワーは、11種のアミノ酸と吸着ヒアルロン酸を配合した微細ミストが肌にうるおいを与え、スキンケアの浸透をサポートしてくれます。

また、アルコールやパラベン、紫外線吸収剤、香料、着色料を使用していない低刺激処方のため、敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。

画像引用元:ミノン公式サイト
化粧水やオールインワンジェルの前に!
フレッシェル スキンフレッシュナー
フレッシェル スキンフレッシュナー
価格※編集部調べ 容量
1,150円(税込) 130ml

フレッシェルのスキンフレッシュナーは、Wコラーゲンやヒアルロン酸、ナイアシン、アプリコットエキスなどの保湿成分を配合し、その後のスキンケアが肌に馴染みやすいやわらかな肌にしてくれる「うるおい誘導水」です。

フレッシュシトラスハーブの香りでリフレッシュ効果もあるため、仕事中の気分転換に使用するのもおすすめです。

皮脂や古い角質を除去してなめらかな肌に
ローラ メルシエ ピュリファイング ミセラーウォーター
ローラ メルシエ ピュリファイング ミセラーウォーター
価格 容量
3,300円(税抜) 200ml

ローラメルシエのピュリファイングミセラーウォーターは、水にも油にも馴染みやすいミセル処方で、汗や皮脂、不要な角層を取り除くふき取り化粧水です。

ホワイトウォーターリリーエキス、ノニ葉エキスなど植物由来の保湿成分を配合し、なめらかでうるおいのある肌へ導いてくれます。アルコール・パラベン・シリコン不使用で肌にやさしい処方となっています。

どこでもシュッ!とうるおいチャージ
アベンヌ ウオーター
アベンヌ ウオーター
価格 容量
700円(税抜) 50g
1,500円(税抜) 150g
2,200円(税抜) 300g

アベンヌウオーターは、ミネラルたっぷりで皮膚バランスを整えてくれる南フランスのアベンヌ村にある温泉水を100%使用しています。

温泉成分のみで作られているため、アルコールフリー・パラベンフリー・無香料・無着色で赤ちゃんにも使えるほど肌にやさしい化粧水です。

化粧水の前のブースターとして使用したり、外出中の乾燥が気になるときに使用したりと様々なシーンで活躍できるアイテムです。

画像引用元:アベンヌ公式サイト

ブースター(美容液タイプ)のおすすめ4選

価格 容量
2,900円(税抜) 90g

エリクシールのブースターエッセンスは、炭酸入りのパチパチした泡が肌をやさしく刺激して血行促進させると同時に、スキンケアがなじみやすいなめらかな肌へ導いてくれる導入美容液です。

ブースターエッセンスは炭酸のパチパチ泡と炭酸のクリーミー泡の2種類があるため、好みの使用感で選ぶことができます。

泡タイプの導入美容液
ソフィーナ iP ベースケアセラム
ソフィーナ iP ベースケアセラム
価格※編集部調べ 容量
5,000円(税抜) 90g

ソフィーナiPのベースケアセラムは、毛穴よりも小さいマイクロ炭酸泡の美容液が、すーっと角層まで浸透。
うるおいによって肌をほぐしやわらげ、次に使う基礎化粧品のなじみを良くしてくれます。

肌にのせるとしゅわーっと泡が広がり、しっとりなめらかな肌になるため、乾燥やごわつきが気になる方や、年齢肌に応じたケアをしたい方におすすめです。

言わずと知れた名品
コスメデコルテ モイスチュアリポソーム
コスメデコルテ モイスチュアリポソーム
価格 容量
10,000円(税抜) 40ml
13,500円(税抜) 60ml

コスメデコルテのモイスチュアリポソームは、ヒアルロン酸などの美容成分が詰まった約0.1ミクロンの小さなカプセルが肌に溶けて、角層までうるおいを放出します。

モイスチュアリポソームをつけることで肌がしっとりうるおうだけでなく、キメを整えたりハリを与えたりする効果にも期待できる人気のアイテムです。

リニューアルした人気デパコスブースター
ランコム ジェニフィック アドバンスト N
ランコム ジェニフィック アドバンスト N
価格 容量
11,000円(税込) 30ml
15,400円(税込) 50ml

ランコムのジェニフィックアドバンストNは、独自技術で開発されたビフィズス菌やイースト菌などの発酵エキスがしっとりとしたもちもちの肌へと導いてくれるブースター美容液です。

とろっとしたテクスチャーですがべたつかず、肌にすっと馴染んで肌を柔らかく整えてくれます。

画像引用元:ランコム公式サイト

ブースターの使い方を解説!使う順番や注意点は?

ブースターを使用するにあたって、しっかりと効果を得るためには正しい使い方や使う順番、注意点をしっかりと守ることが大切です。

ブースターの順番

ブースターは化粧水前に肌をほぐして水分を入りやすくする役割があるため、洗顔後のまっさらな肌に使用します。

クレンジング→洗顔→ブースター→化粧水→乳液・クリームの順番で使用します。

ブースターの使い方

洗顔後、肌が乾ききる前にブースターをつけます。
手のひらに適量を出し、手のひら全体にのばして温めてから塗ることで、より有効成分が肌に浸透しやすくなります。

顔の内側から外側へ向かうように塗り広げます。力は入れずにやさしくのばしましょう。

ブースターの注意点

ブースターはスキンケアの主役ではなく、あくまでも化粧水や乳液の浸透をサポートするためのものです。

ブースターをつけた後に何も塗らずに放置してしまうと肌の乾燥につながるため、すぐにいつものスキンケアで保湿しましょう。

乾燥が気になり始めたらブースターを追加しよう!

ブースターは化粧水の前に使用することで保湿成分の浸透力を高めてくれる優秀アイテムです。自分の肌質や好みに合わせて使いやすいブースターを選びましょう。

ブースターはあくまでもスキンケアのサポート役のため、その後のスキンケアを怠ってしまうと乾燥や肌トラブルの原因となるので注意しましょう。

年齢とともに乾燥が気になり始めた方や乾燥が気になる季節には、いつものスキンケアにブースターを追加することをおすすめします!

関連記事一覧TOPICS
乾燥肌におすすめの基礎化粧品!選び方やプラスの保湿ケアを紹介
後藤 佳奈|1340 views
無印良品の導入化粧液は使うべき?口コミや成分を調査!
原田 裕美|21953 views
炭酸化粧水のおすすめはどれ?選び方や使い方とともに紹介
後藤 佳奈|1189 views
 

PICK UP

  • HABAスクワランのバナー
  • サントリービトアスのバナー

RANKING

POLAリンクルショットのシワ改善効果は本当?口コミと体験から検証!
アイクリーム
パーフェクトワンの口コミを全種類比較!効果を一番実感できるのは?
オールインワンジェル
コラリッチEXは口コミほどの効果アリ?配合成分や使い方も解説!
オールインワンジェル
DUOクレンジングバーム4種類の口コミ・効果を比較!おすすめの使い方も解説
クレンジング
ブライトエイジの口コミや成分を調査!ハリ・美白効果を実際に体験した!
基礎化粧品
ヒフミドの口コミ評判から効果を解説!トライアル体験後の本音レビューも公開!
基礎化粧品
HABA(ハーバー)スクワランの効果は?口コミで絶賛なので試してみた!
美容液
資生堂リンクルクリームの口コミは?リンクルショットとシワ改善効果を比較!
アイクリーム
エゴイプセアイロンセラムの口コミは?体験してわかった効果と使い方
アイクリーム
エリクシールシュペリエルの効果を体験!口コミが本当かを徹底検証!
基礎化粧品
もっと見る

CATEGORY