Re:cosme > スキンケア > 冬のスキンケアで乾燥対策!おすすめの保湿化粧品やケア方法を紹介

冬のスキンケアで乾燥対策!おすすめの保湿化粧品やケア方法を紹介

冬のスキンケアにおすすめの保湿化粧品やケア方法

冬のスキンケアにおすすめの保湿化粧品!乾燥対策のケア方法も紹介

冬は乾燥やかゆみなどの肌荒れが起こりやすい季節です。
健やかな肌を保つためには、冬に適したスキンケアを行い、肌に潤いを与えることが大切です。

当記事では、冬に肌荒れが起こる原因と乾燥を防ぐためのケア方法を解説します。
また、おすすめの保湿化粧品やクレンジング剤などを、プチプラからデパコスまでご紹介します。
※この記事における「浸透」とは、角質層までの浸透のことを意味します

この記事を書いた人
後藤 佳奈
化粧品検定1級
後藤 佳奈 (29)Re:cosme編集部
乾燥肌が気になるのでとにかく保湿重視です!デコルテまでを顔としてたっぷり保湿しています!
肌質:乾燥肌
肌悩み:最近シミが気になるようになってきました

冬の肌に負担がかかる原因は?スキンケアが重要な理由

気温と湿度が低下して空気が乾燥する冬は、乾燥やニキビなどの肌トラブルが起こりやすい季節です。
冬でも潤いのある健やかな肌を維持するためには、毎日のスキンケアが重要です。

冬に肌トラブルが起きやすい原因と、冬の乾燥から肌を守るためのスキンケア方法についてご紹介します。

空気の乾燥によるバリア機能の低下

冬は空気の乾燥や暖房の使用により、肌の水分が蒸発しやすくなります。
肌の水分が逃げてしまい、角層の水分と皮脂のバランスが崩れると、バリア機能の低下につながります。

バリア機能が低下すると、角層の表面を覆っている皮脂膜が薄くなり、皮膚がさらに乾燥しやすくなるのです。

肌の潤いを維持するためには、化粧水やクリームを使って保湿ケアを行うことが大切です。
水分と皮脂のバランスがよい状態になれば、角層がバリア機能を発揮して水分保持力を保つことができます。

気温低下による血流の低下

冬に気温が低下すると、皮膚表面の血管が収縮します。
血流が低下すると、皮膚の潤いに必要なセラミドや栄養が十分に行き渡らず、バリア機能の低下につながるのです。

バリア機能が正常に働かなくなると、皮膚から水分が逃げやすくなり、肌の乾燥が起こりやすくなります。

また、肌の水分や皮脂が奪われて乾燥すると、肌は皮脂を必要以上に分泌してしまいます。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴に溜まり、炎症を起こしニキビが発生する可能性があります。

肌を健やかに保つためには、毎日のスキンケアで保湿することが大切です。

室内外の寒暖差

暖房がついた室内から気温が低い外に出ると、寒暖差によって肌の保湿機能にかかわる酵素が減少するといわれています。
保湿機能を持つ酵素が減少すると、バリア機能が低下し肌荒れが起こりやすくなるのです。

寒暖差は、マスクの着脱時にも生じることがあります。
寒暖差による乾燥を防いで肌の潤いを保つためには、保湿ケアをすることが必要になります。

冬におすすめのスキンケアの選び方とお手入れのポイント

乾燥やニキビなど冬に起こりやすい肌荒れを防ぐためには、スキンケアアイテムとケア方法を見直すことが大切です。
適切なアイテムを選び、適切なスキンケアができると、潤いのある健やかな肌を維持できます。

冬のスキンケアにおすすめなアイテムの選び方と、スキンケア方法のポイントについて解説します。

クレンジングはクリームタイプを使う

肌の水分を維持するなら、クレンジングはクリームタイプを選びましょう。
冬に洗浄力が強いオイルタイプのクレンジングを使ってしまうと、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥が悪化する可能性があります。

クリームタイプのクレンジングは、水分と油分がバランスよく含まれているため、汚れを落としつつ肌の潤いをキープできるのです。

クレンジングクリームは、拭き取るタイプではなく洗い流すタイプのものを選ぶと、摩擦を抑えられるため肌に負担がかかりにくいです。

クレンジングクリームを顔にのばすときは、肌を強くこすらないように注意しましょう。
クレンジング剤を1分以上肌にのせると、成分が肌への刺激になる可能性があります。
クレンジングクリームがメイクとなじんだら、すぐに30℃くらいのぬるま湯ですすぎましょう。

洗顔は洗浄力が強くないものを使う

冬のスキンケアで使う洗顔料は、洗浄力が強すぎないアミノ酸系の洗顔料を選びましょう。
洗浄力が強いせっけんを含む洗顔料を使うと、肌に必要な油分まで落としてしまう可能性があります。

洗顔をする際は、肌に摩擦を与えないようにするために、洗顔料をしっかり泡立てることが大切です。
十分に泡立てたら、額や鼻周りなどの皮脂が多い部分から洗います。
目元や口元などの乾燥しやすい部分は、特に刺激を与えないように優しく洗いましょう。

高保湿成分が配合されているアイテムで保湿ケアをする

洗顔をしたあとは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたアイテムを使い、丁寧にスキンケアをしましょう。

乾燥している肌は、バリア機能が低下している状態であるため、水分の維持に必要な皮脂膜が少ないです。

化粧水のみでは、肌に水分を与えることができても潤いを保つことが難しく、また乾燥してしまうことがあります。

冬のスキンケアでは、化粧水だけでなく保湿効果の高い乳液やクリームも使い、肌の水分を維持しましょう。

冬のスキンケアにおすすめのアイテム5選

気温と湿度が低下する冬は、毎日のスキンケアで肌に潤いを与えて整えることが大切です。
保湿成分が配合されたスキンケアアイテムを使い、敏感になりやすい冬の肌を守りましょう。

冬のスキンケアにおすすめしたいアイテムを、プチプラからデパコスまで5つご紹介します。

潤いを残したままメイクや汚れを落とせる!

アヤナス クレンジングクリーム コンセントレート
容量 価格
100g 初回3,850円(税込)

アヤナスクレンジングクリームコンセントレートには、セラミドナノスフィアとアクアモイスチャーという、2つの高保湿成分が配合されています。

さらに、オーガニックソフトオイルも配合されているため、肌の水分を保ちながらメイクを落としたい方に向いているクレンジングクリームです。

保湿成分の他に、ゴボウエキスやコウキエキス、パルマリンやビルベリー葉エキスなど、肌を整える成分も配合されています。
無香料・無着色で敏感肌の方でも使いやすいです。

寒暖差による乾燥を防いで肌の潤いを守る!

dプログラム カンダンバリア エッセンス
容量 価格
40ml 3,300円(税込)

dプログラム カンダンバリアエッセンスは、寒暖差による乾燥から肌を守りたい方に適した美容液です。

カンダンバリアコンプレックスという独自成分が配合されており、寒暖差でゆらぎがちな肌の潤いバランスを整えてなめらかな状態へと導いてくれます。

カンダンバリアエッセンスを洗顔後に使用することで、角層まで浸透し化粧水がなじみやすい状態へ整えることができます。

アルコール、パラベン、香料、着色料は無添加です。

植物性アミノ酸系成分で肌の潤いをキープ
ETVOS モイストアミノフォーム

ETVOS モイストアミノフォーム
容量 価格
90g 3,300円(税込)

ETVOSモイストアミノフォームは、植物性アミノ酸系洗浄成分配合の洗顔料です。
肌の潤いや保湿成分を残しながら、汚れや不要な角質を落とせます。

ヒト型セラミド(3種類)とリピジュア、グリコシルトレハロースという3つの保湿成分が、洗顔後の肌の乾燥を防ぎます。

さらに、整肌成分のビルベリー葉エキス、ダイズ種子エキス、アーチチョーク葉エキス、ヨーグルトエキスが冬の肌荒れを防ぎます。

ラベンダーとゼラニウムの精油が配合されており、爽やかな香りでリラックスしながらスキンケアできます。

石油系界面活性剤、シリコン、鉱物油、着色料、合成香料、アルコール、パラペンは不使用です。

画像引用元:ETVOS公式サイト

4種のヒアルロン酸が肌に潤いを与える!
肌ラボ 極潤ヒアルロン液

肌ラボ 極潤ヒアルロン液
容量 価格
170ml(ボトル) 740円
※編集部調べ

肌ラボ極潤ヒアルロン液には、潤い成分のヒアルロン酸4種類と、乳酸球菌が配合されています。

優しいとろみのある化粧水が、乾燥した冬の肌に潤いを与えて健やかな状態へと導きます。

顔だけでなく体や髪にも使えるので、乾燥をトータルケアできる優れものでもあります。
アルコール(エタノール)、パラベン、香料、着色料は無添加で弱酸性です。

なめらかなクリームが肌の潤いを閉じ込める
CLINIQUE モイスチャーサージインテンス72ハイドレーター

CLINIQUE モイスチャーサージインテンス72ハイドレーター
容量 価格
30ml 4,950円(税込)
50ml 6,710円(税込)

CLINIQUE モイスチャーサージインテンス 72 ハイドレーターは、肌の潤いを閉じ込めてくれる保湿クリームです。

セラミドやリノール酸、コレステロールを含むトリオリピッド配合で、肌の保湿と潤いの維持をサポートしてくれます。

さらに、CICAエキスという保湿成分やビタミンE誘導体も配合されています。

なめらかな心地よいクリームで、乾燥や渇きなどの外的刺激から肌を保護し、触りたくなる肌を目指せます。

画像引用元:CLINIQUE公式サイト

乾燥しやすい冬は高保湿のスキンケアで潤い補給を

冬は気温の低下や空気の乾燥により、肌のバリア機能が低下しやすく、乾燥やニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

冬に負けない肌に整えるためには、毎日のスキンケアで肌に潤いを与えて水分量を保つことが大切です。

洗浄力が強くないクレンジングと洗顔料、そして高保湿成分配合の化粧水やクリームを使って優しくケアをすることで、潤いのある健やかな状態の肌へ一歩近づけます。
当記事を参考にして、お気に入りの化粧品で冬のスキンケアを始めてみてくださいね。

関連記事一覧TOPICS
アヤナスのクレンジングクリームの口コミは?成分や使い方も調査
原田 裕美|1043 views
カンダンバリアエッセンスの成分と効果を解説!口コミが本当か実際に体験
小谷 ゆか|2564 views
肌ラボの極潤ヒアルロン液はしっかり潤う?乾燥肌が保湿力を調査
橘 茉莉花|2207 views
春のスキンケア方法を解説!肌荒れの原因やおすすめの化粧品も紹介
船越 まい|194 views
マスクの肌荒れを防ぐスキンケアは?おすすめアイテム・対策を紹介
船越 まい|308 views
 

PICK UP

  • HABAスクワランのバナー
  • サントリービトアスのバナー

RANKING

ポーラのリンクルショットの効果を口コミや体験から検証!シワ改善成分も分析
アイクリーム
DUOクレンジングバーム4種類の違いを比較!口コミで人気のタイプを紹介
クレンジング
パーフェクトワンの口コミを全種類比較!効果を一番実感できるのは?
オールインワンジェル
コラリッチEXの口コミと効果を紹介!成分やおすすめの使い方も解説!
オールインワンジェル
ブライトエイジの口コミや成分を調査!ハリ・美白効果を実際に体験した!
基礎化粧品
ヒフミドの口コミ評判から効果を解説!トライアル体験後の本音レビューも公開!
基礎化粧品
HABA(ハーバー)スクワランの効果は?口コミで絶賛なので試してみた!
美容液
資生堂リンクルクリームの口コミは?リンクルショットとシワ改善効果を比較!
アイクリーム
エゴイプセアイロンセラムの口コミは?体験してわかった効果と使い方
アイクリーム
エリクシールシュペリエルの効果を体験!口コミが本当かを徹底検証!
基礎化粧品
もっと見る

CATEGORY